皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド

粉溜はサイズが小さく、感染がないうちに治療しましょう

放置すると瘤が大きくなります

皮膚科の医師が、日常の診療で丁寧に視触診や聴診をするように心がけていると、 思わぬ皮膚の変化に出くわすことがしばしばあります。大きなほくろやいぼ、アレルギー性の皮膚疾患はもとより、 皮膚の下に明らかな腫瘤として触れるできものがあります。

その代表格は粉瘤(ふんりゅう:アテローマ)と脂肪腫で、俗に「脂肪のかたまり」と言われたりもします。脂肪腫はその名前からもわかるように脂肪細胞の良性腫瘍で、少し弾力のある柔らかいしこりを触れ、通常は痛みを伴いません。ただし、急速に大きくなるものは悪性の可能性もあるので細胞を採取してその性格を知る必要があります。

これに対して粉瘤は皮膚科において高い頻度で遭遇する良性の皮膚腫瘍で、表皮に連続した嚢腫(袋状の構造の壁)を形成し、実は脂肪の塊ではなく外皮から剥がれ落ちた垢などの老廃物の塊で、その内容物はどろどろとした粥状の角質です。

原因はいまだ明らかではありませんが、顔や耳たぶ、首、胸、背中などの好発部をはじめとして身体のどの部分にでもできる可能性があります。半球状の嚢腫の頂点には毛穴の残存を認め、開口部はおへそのゴマのように黒い点として見え、皮膚に密着して周りよりやや硬く触れるのが特徴です。

また粉瘤を指で強く圧迫すると悪臭の強い、マヨネーズのようなヌルヌルした内容物が出てきます。通常の場合痛みはありませんが、放置すれば徐々に大きく成長し、嚢腫内に細菌感染を起こせば急に大きく腫れて痛みが生じることがあります(感染性粉瘤)。

このようになってしまうとまずはメスで切り込みを入れて溜まっている膿を排出(切開排膿)することで一時的に症状を抑えることはできますが、嚢腫壁が残るためにやがて高率に再発することが知られています。従って、粉瘤を完全に治療するためには嚢腫を袋ごと切除することが必要です。

粉瘤を長期間放置すれば人の拳くらいの大きさになることもあり、特に顔などに発症した場合には切除後の傷痕が大きく目立ってしまうので、治療はなるべくできものが小さいうちに受けたほうが望ましいといえます。

感染がなければ手術は皮膚科で行います。粉瘤の周りに局所麻酔剤を注射して紡錘状に皮膚切開をして内容物を袋ごと摘り出して縫合、約30分で終わり、1週間ほどで抜糸します。「皮膚に違和感や痛みがある、なんだかおかしい」と感じた時や、身近な人に皮膚のおできやこぶの存在を指摘された方は早めに皮膚科を受診し、ご相談されることをお勧めします。

 
Copyright (C) 2015 皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド All Rights Reserved.