皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド

成人期のアトピー性皮膚炎が増加傾向にあります

ハウスダストなどに過敏反応します

アトピー性皮膚炎は、特異体質(アトピー体質)が背景で起こる、湿疹による似た皮膚炎です。アトピー体質は、花粉、汗、食物のある種の成分、ほこり、カビ、ペットの毛、ダニ(ハウスダスト)などに過敏に反応して、一種の拒否反応(アレルギー反応)を起こしやすい、また、遺伝性が強く、同一家族内に同じ病気を発症しやすいという特徴があります。

近年、アトピー性皮膚炎は増加傾向にあり、なかでも大人で発症する割合が高くなっています。その原因としてダニの関与が挙げられています。最近の住宅は、気密性が高く、単位面積当たりの人数が多いことから、ダニの繁殖には好都合な環境となっており、ダニ抗原との接触度が増しています。

最近の学説ではダニ抗原(ダニの成分、その死体および糞を含む)が直接、皮膚表面から皮内に入り、免疫学的機序(仕組み)が働いて皮膚炎の症状が起こるといわれています。

思春期から成人に多く見られる症状としては、皮膚全体がカサカサに乾燥して、脂けが抜けて白っぽくなります。また、発作的な強烈なかゆみも大きな特徴です。発汗が少なく、湿度の低い冬になると、乾燥肌・かゆみは強くなり、逆に夏は軽快する傾向にあります。

特に首の周りは黒ずみ、肘や膝の裏は皮膚が厚ぼったく皮膚のきめが粗くなり、強いかゆみが生じます(苔癬化)。ときには顔に紅斑ができて徐々に広がっていき、顔全体に及び、赤ら顔の状態になります。また、重症になると全身の皮膚が真っ赤になり、角質がボロボロ剥がれてるといった状態(紅皮症)になることもあります。こうなると、体のリンパ節が腫れてきます。

治療はまず、かゆみに対する対策を行います。それは肌を掻くことによって症状が悪化し、さらに掻く⇒さらなる悪化という悪循環を断ち切るためです。乾燥肌程度のものは、ワセリンやザーネ軟膏、尿素軟膏、ヘパリノイド軟膏、その他、保湿クリームやレスタミン軟膏を塗るだけでおさまります。これで鎮まらない場合は、抗アレルギーや抗ヒスタミン剤を内服します。

炎症症状を伴う場合はステロイド外用薬を使用します。ステロイド外用薬は症状の程度や発症部位に基づいてランク(薬効の強さにより5段階)を選択し、症状の改善に伴い、徐々にランクや量を減らしていき、保湿剤の概要が主となるように調整していきます。また、免疫抑制薬のタクロリムス軟膏(プロトッピック軟膏)を使用する場合もあります。これはステロイド外用薬で効果が不十分である場合、または副作用で投与できない場合などに使用し、特に顔面、頚部の症状に有効です。

日常生活では、毎日入浴し、発汗後はなるべく早くシャワーを浴びることにより、汚れや汗を流すようにします。なるべくお湯の温度はぬるめにして、ゆっくりお湯につかります。ナイロンタオルでゴシゴシ擦ることは避け、石鹸はなるべく香料の少ない刺激の少ないものを使い、十分にすすぎます。入浴後は、乾燥を防ぐため速やかに保湿剤を塗るようにしましょう。

 
Copyright (C) 2015 皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド All Rights Reserved.