皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド

代表的なキャリアプラン(3タイプ)別に見る転職先と採用トレンド

一般皮膚科で更にスキルを磨きをかけたい方
大学病院で専門医資格を取る!

「もっと多くの症例を積みたい」、「オペも行いたい」、「より専門性の高い医療に取り組みたい」、「他科との連携にも力を入れていきたい」とご希望の場合、総合病院、医療センター、あるいは病院付属のクリニックが選択肢となります。

総合病院でも皮膚科は1〜2名程度の枠しかない場合が多いので、新たな募集が行われる場合、欠員の補充でない限り、「常勤を増やしてオペにも力を入れていきたい」、「それまで非常勤で回してきたが、今後は常勤医のみに切り替えたい」などの理由が考えられます。

総合病院ならクリニック勤務と違い症例数が豊富ですし、オペもあります。入院が必要な患者への対応も可能(オンコール有)です。多科と連携して、治療を行うことができるのも総合病院ならではのメリットです。

ただし、悪性黒色腫(メラノーマ)などの重篤な患者も抱えていると、かなりのハードワークになりますので、ワークライフバランスも重視したいという先生は大変かもしれません。

専門医取得をご希望の場合、民間の病院では取得できるところは非常に限られています。可能であれば大学で取得された後に民間の医療機関に転職することをお勧めいたします。

一般診療と自由診療の両方を手掛けたい方
転科は難しい

「美容皮膚の分野も気になるものの、これまで積み重ねたスキルも活かして働きたい」、「将来の開業を考えると、早い段階で美容皮膚も経験しておいたほうが有利」、「一般診療だけでは患者のニーズに対応できる範囲が限られる」、あるいは「美容皮膚だけでは、将来に不安を感じる」という方には、保険診療メインの皮膚科で美容皮膚にも対応可能なクリニックが有力な選択肢となります。

一般診療と自由診療の両方を経験したいという先生は、20代の若い世代から50代のベテラン世代まで幅広い年齢層に多くいらっしゃいます。皮膚科の一般診療を一通りこなせることを採用の条件にしている医療機関が多いため、他の診療科からの転科は難しい状況となっています。

また、美容皮膚の患者が一番多い時間帯は、仕事帰り(夕方5時以降)と休日(土日)ですので、この時間帯に働けるかどうかも重要なポイントです。

未経験だけど美容皮膚科に挑戦したい方
女医が優遇されやすい

近年、皮膚科医(あるいは形成外科医)でなくても、美容の分野に興味があり挑戦したいとご希望の先生は増えてきています。また、初期研修終了後すぐに美容皮膚科に挑戦したい方も少なくありません。このようなケースでは、皮膚科での経験は不問で、研修期間(3ヶ月〜半年)がしっかりとある美容皮膚科クリニックが選択肢となります。

美容という特性から女性医師が好まれる傾向にあります。最初は非常勤からスタートしたいとご希望の方が多いですが、せっかく指導を行ってようやく施術を任せられるようになった頃になると、辞めてしまうケースが多いため、医療機関からは敬遠されています。従って、最初から常勤として働くことが求められます

また、常勤でも平日のみの9:00〜17:00をご希望の女性医師の方もしばしばいらっしゃいますが、上記の通り、この科では平日の夕方以降と週末が一番忙しい時間帯となっていますので、この時間帯に勤務が難しい方は採用のチャンスは殆どないことになります。

医師転職ドットコム 医師バイトドットコム

掲載求人数は業界No.1(全国の医療機関で約28,000件)を誇る医師専門の転職支援サービスです。専任のエージェントが、履歴書の作成から面接日程の調整、条件交渉までを徹底サポートいたします。

公式サイトで詳細を見る


こちらは定期非常勤・スポット求人に特化したしたサービスで、常時10,000件(非公開求人は4,000件)の求人をご用意しています。お忙しい先生に代わって、条件・段取り交渉はエージェントが代行いたします。

公式サイトで詳細を見る

 
Copyright (C) 2015 皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド All Rights Reserved.