皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド

アトピー性皮膚炎、水虫などの感染症、粉溜(アテローム)、皮膚がん、性病の治療を行います

美容系は自由診療となります

皮膚や粘膜、爪、毛髪に異常をきたす疾患全般を扱っています。具体的には水虫をはじめとする各種感染症、巻き爪(陥入爪)、湿疹やアトピー性皮膚炎、乾癬、薬や食事によるアレルギー(薬疹)、さらに良性腫瘍(角化症や脂肪腫)、悪性腫瘍(悪性黒色腫や皮膚がん)、皮膚症状が現れる性病(性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、梅毒など)が治療対象となります。

シミや小さなイボ類は、医学上「病気」とはなりませんが、見た目や大きさが変化してきた場合には、ごく初期の悪性腫瘍である可能性がゼロではないので、念のため皮膚科受診をお勧めします。

ニキビに対しては、ピーリングと呼ばれる角質除去療法が効果をあげる場合もあるので、お近くに「美容皮膚科」などがあれば受診してみるとよいかもしれません(ただし、自費診療となります)。

皮膚に何らかの症状が出現する原因は多種多様なので、皮膚科の診療ではまず正確に診断をつけることが重要です。幸い、皮膚の病変は簡単に肉眼あるいはルーペで観察することができますし、内臓と違い組織の採取も容易ですので、皮膚事態に原因があれば比較的すぐに診断をつけることができます。しかし、なかには膠原病や消化器のがんなど、全身あるいは他臓器の疾患の一症状として皮膚病変が出現していることもあるので、血液検査やCT、内視鏡検査などが必要になる場合もあります。

治療の多くは、炎症を抑えるためのステロイド剤の外用または内服になります。レーザー照射や光線療法も行われます。粉溜(アテローム)は皮膚科で最も治療頻度の高い疾患の一つです。これは皮膚の下に袋状の構造ができて、角質や油脂などの老廃物を溜め込んでしこりを形成した状態です。指で摘むと悪臭を放つマヨネーズ状の油の塊が出てくることもありますし、最近が感染すると赤く腫れ上がったりします。

根治のためには、中身を詰め込んだ皮膚の下にある袋をそのまま取り除く手術が必要ですし、感染を伴った場合には、外来で粉溜を切開して、なかに貯留した膿を取り除いてやる必要があります。

皮膚がんに対しては、切開手術に加えて、化学療法や放射線治療も行われます。また病院内では、長期間ベッドが移動できない重症患者や高齢者に褥瘡(床ずれ)ができることもあります。病院の褥瘡対策チームと連携して予防に努めるとともに、褥瘡が形成されてしまった場合には、腐った組織を除去・洗浄し、新しい肉が盛り上がってくるのを促すための治療を行います。

 
Copyright (C) 2015 皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド All Rights Reserved.