皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド

アレルギー科の募集枠は決して多くないため、専門性を活かせる他の診療科も考慮したい

治療が必要な患者数は年々増加しています

気管支喘息、成人の各種アレルギー(花粉・食物・果実・食品添加物・ペット・ラテックスほか)、薬剤アレルギーなどの治療や症状の改善に向けた診療を行う医師は、アレルギー科だけでなく、小児科、一般内科、呼吸器内科、アレルギー呼吸器科など幅広い診療科で求められています。

アレルギーが関与する疾患は近年増加傾向にあり、外来、検査、病棟管理、救急対応、訪問診療まで幅広いニーズがありますが、医師の求人数としては決して多くはありません

特にアレルギー専門医の資格を既にお持ちの方で、さらなるキャリアアップを目指したいというお考えの方には、お持ちのスキルとご経験にマッチした求人を見つけるのは困難です。

ただし、現在募集を行っていない施設、専門的な取り組みを行っていない医療機関であっても、経験豊富な医師の採用が可能ならば、専門外来の開設、非常勤医で回してきた同科を常勤医だけで回していきたい、などの検討を行っているケースはしばしばあります。

こういった案件は、通常の求人に比べて医療機関と医師との細かい「磨り合わせ」が必要となるため、一般には公開されない「非公開求人」として、医師専門の人材紹介サービスの登録者だけに紹介されることがほとんどです。転職をお考えの方は全国の医療機関の人事担当者と太いパイプを持つこれらのサービスを活用してみるとよいでしょう。

医師転職ドットコム 医師バイトドットコム

掲載求人数は業界No.1(全国の医療機関で約28,000件)を誇る医師専門の転職支援サービスです。専任のエージェントが、履歴書の作成から面接日程の調整、条件交渉までを徹底サポートいたします。

公式サイトで詳細を見る


こちらは定期非常勤・スポット求人に特化したしたサービスで、常時10,000件(非公開求人は4,000件)の求人をご用意しています。お忙しい先生に代わって、条件・段取り交渉はエージェントが代行いたします。

公式サイトで詳細を見る

 
Copyright (C) 2015 皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド All Rights Reserved.