皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド

保険・自由診療の両方を上手に使い分けて、効率のよい治療を受けましょう

最新の治療法は保険でカバーされません

診療には健康保険を利用した治療法である「保険診療」と、保険が適用されないため、受けた治療費用の全額を自己負担する「自由診療」の2つのタイプがあります。

保険診療は、「○×の病気の治療法には、これが適切」と国が認めている診療で、全国土の医療機関を受診しても同じ金額で治療を受けられるように設定してあり、国の決めた治療費用の3割を窓口で支払います。

これに対して、病気の治療でない場合、また病気でも国が認めた治療法に該当しない場合は、自由診療となります。自由診療では、医師は自分のスキルや経験を踏まえて、自由に費用設定をすることができます。そのため、受診する医療機関によって治療にかかる費用は異なります。

皮膚科の診療を例にとって説明すると、ニキビの場合、ニキビの芯にあたる部分を圧出したり症状を悪化させるアクネ菌への対策として抗生物質を服用するなら保険診療となります。しかし、ケミカルピーリングやビタミンC誘導体、光線力学療法などの最新の治療法や一部の薬剤の処方は自由診療となるため、全額自己負担となります。

ではホクロ(黒子)の場合はどうでしょうか? メラノーマ(悪性黒色腫:皮膚がん)は一見するとホクロとよく似ているため、がんかどうかをチェックするための診察を受けることはよくあるケースです。この場合、診察料は保険でカバーされます。悪性の危険性がなくても、その大きさや形状によっては、手術の切除費用も保険診療となることがあります。このあたりは医師の判断に委ねられます。しかし、「顔のこの部分にホクロがあるのは可愛くない」など、美容目的でレーザー除去したいという場合には自由診療になります。

このように、皮膚科では症状やその治療法によって、保険診療か自由診療かが違ってきます。時間的に余裕のある方は診察を受ける前に、保険診療と自由診療では、それぞれどんな治療を受けることができるのかを把握しておくとよいでしょう。

3割負担で済むからと保険診療だけにこだわっていると、治療の効果が上がらなかったり、効果が出るまで時間がかかったりして、終わってみれば自由診療よりも高くなった、というケースもあります。

それぞれの費用だけでなく、治療期間はどれくらいなのか、何回通院する必要があるのか、治療終了後は効果がどれくらい持続するのか、ケア製品の費用はどれくらいなのかまでキチンとたずねて、全費用を計算すれば完璧です。

 
Copyright (C) 2015 皮膚科の医師求人(常勤・非常勤)ガイド All Rights Reserved.